2020年7月第1週目の相場分析①_デモトレード

2020年7月1日(水)
デモで資金2倍トレーニング。

5月の成績トータル
 損益:+108pips +10,340円(10800-460swap)
 勝率:67.0% 4勝2敗

6月の成績トータル
 損益:+37.6pips +3,431円(3760-329swap)
 勝率:50.0% 3勝3敗

目標1000pips獲得まで、残り:854.4pips!

月間トータルを何とかプラスで終えることが
出来ている。

先月は、月間トータル100pips獲得は出来なかったが、
今月その分も獲得できるように頑張りたい。

・4時間足で環境認識

出典:ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社【FXTF公式サイト】

下降トレンドからレンジに入り
現在価格は、急上昇している。

角度がほぼ直角にレンジ幅分を一気に上昇してきている。

ダブルボトムの形が出たとも見るべきか。

トレンド転換の印となるかもしれない。

・1時間足で目線を固定

出典:ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社【FXTF公式サイト】

直近安値を切り上げ、
直近高値も超えてきている。

レンジの上値も超えていけるかというところか。

下降のトレンドライン、200MAを上抜け、
角度もほぼ直角に上昇している。

買いの勢いが強いので、買い目線で考える。

この急上昇部分にFRを引き、38.2%まで戻ったのを
確認して買いたい。

そのまま上昇していくかもしれないが
しばらく様子見だ。

・5分足でエントリータイミングを計る

出典:ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社【FXTF公式サイト】

大きな上昇のFR38.2%まで価格が下がり、
FR61.8%との間から、再び上昇してきた。

そのまま上昇3波に入りそうだと思ったので、
少し、もみ合いを見せたところで買いでエントリー。

・エントリーとその後

以下画像は、5分足。

出典:ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社【FXTF公式サイト】

エントリー後、上昇を繰り返し、
直近安値を下抜けた。

その後、大きく上昇。

エントリー後、直近安値のすぐ下に損切ポイントを置いていた。

丁度、損切ポイントのところまで下がって上昇していっている。

こういうこともあるんですねー。

エントリー後の値動きがあまりみれてなかったが敗因原因か。

FR38.2%で止まらず、そのまま下抜けたところで
アレっと思わないといけなかった。

なにかおかしいなら、値動きをしっかり見て、
エントリーを待つべきだった。

分析自体は、間違っていなかったが、エントリーが早すぎた。

今回の取引の詳細は以下の通り。
 買い:2020.07.01 09:46
 数量:0.10
 価格:133.310

 決済:2020.07.01 15:08
 価格:132.957
 スワップ:0

 133.310 - 132.957 = 0.353

 損益:-35.3pips -3530円

 保有時間:5時間22分

「2020年7月第1週目の相場分析①_デモトレード」への1件の返信

コメントを残す