2020年9月第2週目ポンド円の相場分析①_デモトレード

2020年9月8日(火)の相場分析。
デモで資金2倍トレーニング中。

————————————————————————————————–

5月の成績トータル
 損益:+108pips +10,340円(10800-460swap)
 勝率:66.7% 4勝2敗

6月の成績トータル
 損益:+37.6pips +3,431円(3760-329swap)
 勝率:50.0% 3勝3敗

7月の成績トータル
 損益:+0.1pips +14円(10+4swap)
 勝率:35.7% 5勝9敗

8月の成績トータル
 損益:-32.6pips -3523円(-3260-263swap)
 勝率:33.3% 5勝10敗

9月の成績トータル
 損益:+8.8pips +880円
 勝率:50.0% 1勝1敗

————————————————————————————————–

目標1000pips獲得まで、残り:845.5pips

————————————————————————————————–

前回は、
勝ちトレードの後のすぐエントリーしたトレードで
負けた。

調子乗っての続きトレードだった。

分析し直しがやっぱり大事だ。

まずは、4時間足から。

・4時間足で環境認識

出典:ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社【FXTF公式サイト】

上昇エリオット波動5波が終わり、下降し始めた。

200MAを下抜けたが、トレンドラインもある。

そろそろ戻す価格帯か。

・1時間足で目線固定

出典:ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社【FXTF公式サイト】

大きな下降。

戻しを待って売っていきたい。

が、この大きな下降に対するFE161.8%が
すぐそこにまできているので、
このFE161.8%で20pips程狙って、一旦買う。

その後、戻しを様子見て売る。

・エントリーポイントに指値注文

出典:ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社【FXTF公式サイト】

下降のFE161.8%が緑丸付近なので、
その価格に指値買い注文をセットしておく。

損切は、トレンドライン下。
利確は、30pips程に設定しておく。

あとは、寝て待つ。

損切りとその後

出典:ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社【FXTF公式サイト】

FE161.8%の少し上で、反応した。

20〜30pips程反転上昇して、下降し出した。

この20〜30pipsの反転を取りたかったが、
そこから下げたところで注文にかかり、損切り決済となった。

FEを当てる箇所が、今回は難しかったように思う。

ハッキリとした位置に当てれなかった分、
反転する確率が低くなってしまったか。

トレードできる根拠探しで、
信頼度を上げてエントリーを狙っていきたい。

今回の取引の詳細は以下の通り。
 買い:2020.09.08 21:34
 数量:0.10
 価格:137.817

 決済:2020.09.09 00:32
 価格:137.514
 スワップ:0

 137.817 - 137.514 = 0.303

 損益:-30.3pips -3030円

 保有時間:2時間58分

おすすめ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。